2010年01月24日

石川知裕容疑者「恥ずかしいことしていない」(産経新聞)

 政治資金規正法違反容疑で逮捕された民主党衆院議員、石川知裕容疑者が接見した弁護人らを通じ、「自分は道徳的に恥ずかしいことをしていない。いずれ真実が明らかになると思う」とのメッセージを記した文書を地元後援者らにファクスで送っていたことが17日、分かった。

 また、石川容疑者の弁護人、安田好弘弁護士らは同日、公正な取り調べを確保するよう求めた申入書を東京地検などに送付した。申入書では(1)すべての取り調べを可視化(録音・録画)する(2)1日の取り調べ時間は4時間以内(3)1週間に少なくとも2日の割合で取り調べのない日をおく−などを求めている。

【関連記事】
小沢邸の玄関先で泣きながら土下座も…石川容疑者の素顔
小沢氏側への裏献金 山崎建設「5千万円渡した」
「不動産は小沢先生の趣味だ」
「戦ってください」密談バラした首相の真意
小沢氏「またまたお騒がせして恐縮している」

<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
大雨警報・注意報、5月から市町村単位に(読売新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
<書道>平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設(産経新聞)
posted by シバ コウジ at 03:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。